常にハイリスク、ノーリターン。
| Login |
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゲド戦記
2006年08月05日 (土) | 編集 |
昨日、レイトで「ゲド戦記」を観に行ってきた。

ホントは先週の公開日に行くつもりだったんだがな。
祭りに行って、疲れて爆睡しちゃったから行けなかった orz

平日の夜11時からだってのに、なかなかの混み具合。
学生は夏休み中だってのもあるからかな?
でもイイ席が取れて満足。


感想。


ん~ まぁ別に期待はしてなかったんだけどさ、

正直、つまんなかった。



監督 自己満足の作品って感じがした。


舞台となる世界の状況とか、
登場キャラの過去や正体等の設定など、全く生かされてないね。
完全に表現不足&説明不足。
観てる側の事なんて 何も考えてないんじゃないか?


内容的にも一度観ればもうイイやってカンジだな。
全編通して印象に残ったシーンて全くって言っていいほど無いぞ。
ラストも展開上、何の意味があったのか。
そういや それについての説明も何も無かったな。


アニメーションもどうよ?
オレはナウシカからハウルまで ジブリ作品はほとんど観てきたけど、静止画(背景画等)はともかく 動画は全作品中、最低レベルだと思う。
各人物の色なんか、適当に塗ったとしか思えん。

良かったと思えるのは歌くらいかなぁ。
でもあの「テルーの唄」が挿入歌だけで終わるとは思わなかった(しかもこのシーンが酷すぎる。ただ歌ってるだけ。何が表現したかったのか)
個人的にはEDにも使ってほしかったんだが(ED曲も良かったケド)



個人的評価 10点。

勿論100点満点。
今回はかなり厳し目。


ところでこの映画、今作の監督である宮崎吾郎氏が
父親である宮崎駿の過去の作品(絵小説)の「シュナの旅」原案として、原作の3巻以降を独自解釈したオリジナルストーリーらしい。

「シュナの旅」は中学生の頃に読んだ。
言われてみれば映像的にもイメージ的にもシュナっぽいトコあるわ。
でもそれじゃ本当の意味で「ゲド戦記」ではないんじゃないか?




コメント
この記事へのコメント
今夜見にいく予定。観たら感想をブログにかきます
2006/08/05(土) 14:26:52 | URL | 田村宗隆 #-[ 編集]
>宗隆和尚

まぁ楽しんでこいよ(汗)
2006/08/06(日) 00:51:39 | URL | 志乃 #72DbbRE6[ 編集]
ネットでイイ満点と
完全などをハウルすればよかった?
2006/08/06(日) 17:30:49 | URL | BlogPetのトリシャ #-[ 編集]
10点とは。いやいや・・

観にいくの
止めますw

ジブリったらどうしちゃったんでしょうね。。
2006/08/06(日) 20:01:22 | URL | 美香 #-[ 編集]
>トリシャ

いや、ハウルも褒められたデキじゃなかったけどなw
2006/08/06(日) 20:46:06 | URL | 志乃 #72DbbRE6[ 編集]
>美香 サマ

正直、映画館に行くのは論外、レンタルで借りるのも オススメできないですね。
TVでやるの待った方がいいです。
お金出して観るまでもないですな。

やはりオヤジ殿が偉大すぎたかと。
しかしこれから不安ですね。
2006/08/06(日) 20:48:28 | URL | 志乃 #72DbbRE6[ 編集]
『ゲド戦記』、そんなにダメですか。
よかった~、海賊にしておいてw
唯一の頼みの綱だった『テルーの唄』がその扱いじゃ、
ダメですね。

「シュナの旅」っての知りませんが、
これが原案なんですか。
普通に原作読んだほうが良いみたいですね。
2006/08/07(月) 01:13:24 | URL | ハムレット #-[ 編集]
>ハムレット サマ

テルーの唄、もうちょっと何とかならなかったのかって、本気で思ったですよ。
ほとんどイメージソングのノリですな。

この映画、わからんのが何故「ゲド戦記」とは無関係な「シュナの旅」を持ち出してきたのかです。
この作品、かなりマイナーなんで知らない人の方が圧倒的に多いと思いますよ。
話自体も全然違うんだけどなー。
2006/08/07(月) 22:50:34 | URL | 志乃 #72DbbRE6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。