常にハイリスク、ノーリターン。
| Login |
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


M:i:Ⅲ
2006年06月25日 (日) | 編集 |
先々行上映「M:i:Ⅲ」を観てきた。

個人的に1作目は傑作、2作目は どうにもならないバカ映画だと思ってるんだが、今作はどうか?

しかし先々行上映って…。
だったら さっさと上映開始すりゃいいじゃんって思うのはオレだけか?

観に行ったのは
深夜2時近くだってのに、館内は客でいっぱい。並ぶ並ぶ。
皆、「M:i:Ⅲ」目的か?って思ったんだけど、実際は「着信アリ ファイナル」目的だったみたい。
ちなみに「M:i:Ⅲ」の方は、ほとんど客がいなかったw


感想みたいなの


かなり面白かった。後半までは。(以下 ちょいネタバレ有り)

中盤までは、ホント面白い。
2作目でカットされたオープニング(導火線に火がついて、おなじみの曲が流れるヤツ)が復活してるのは、ファンとしては嬉しい限り。
バチカンでのミッションは緊張感があって見応えもあるし。
いつも当たり前の様に使っている変装マスクの製作シーンには ちょっとビックリ。あんな風に作ってたのね。
カーマニアのオレとしてはガヤルド爆破シーンはインパクトありすぎ。
しかし「トランスポーター2」といい、ランボルギーニの車が爆破されるコトが多いなw

でも、後半 中国に行った辺りから、大分おかしな展開になってくる。
意味不明な進入方法、そこからターゲットの確保までの描写はカット、都合のイイ脱出劇等が続く。

何より最後のオチが最低。
あっさりやられる黒幕。
組織の実態は不明のまま。
この作品でのキーである ”ラビットフット”の存在は謎で終わる。


なんてか、脚本書いてて 途中で飽きて投げ出しちゃったとしか思えん。


個人的評価 60点。

後半崩れだしたのが残念だったな。
オチまでちゃんと締まってれば、スゴく面白かったのに。
それと、カメラワークが酷い。アクションシーンで、ワケわかんなくなるコトが多々あった。

ちなみに今作は前作、前々作を観てなくても全く問題無し。
3作通じてるのは、主役がイーサン、サポートがルーサーって事くらいだしな。

しかし3作とも、全然「スパイ」してねぇなww

 



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。