常にハイリスク、ノーリターン。
| Login |
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サンシャイン2057
2007年04月28日 (土) | 編集 |
深夜2時頃に「サンシャイン2057」を観てきた。

この映画、国内の宣伝が どうにもヘボかったらしく、知名度が全く上がらないまま公開になっちゃったらしい。
正直オレも2週間前の上映開始まで、全然知らなかった(汗)。
真田広之が出演してるってのにね。

話題性の無い作品って事と、時間的にもアレなもんで
予想通り 客はオレだけ。
おかげで気兼ねしないで観れるな。


感想etc


なかなか面白かった。
コレ映画館で観るべき作品だね。
もうちょっと宣伝してもイイんじゃないの?
これから話題作がバシバシ出てくるから、切られる可能性高いだろうし。

ストーリーを大雑把に言うと、『死滅しかけた太陽に活を入れる為、宇宙船で特大の核爆弾を太陽まで運んで投下し、氷河期状態になった地球を救うのが目的』と、こんなカンジ。
何かツッコミどころが満載な気がするけど もちろんスルー。
深く考えない方がイイだろ。


責任重大なんてもんじゃない任務を背負わされてる上に、太陽のすぐ近くという極限状況での、宇宙船クルー達の心理描写が非常に秀逸。
任務遂行の為なら手段は問わないというか、作戦の障害になるなら 同じクルーでも排除しなければならない という様なシーンが多く、緊張感&緊迫感が良く出てたかな。

映像的にも安っぽいところはほとんど無かったのも好印象。
てか、太陽や宇宙船の描写は圧巻といってもいいくらい。





と、コレが前半から中盤までの感想。



後半に入ってからは、おもいっきり話が変な方向に急展開してしまい、
中盤までの流れを台無しにしかねないくらいの迷走っぷり。
いったい何がしたかったんだ?
いくらなんでも唐突で無理のありすぎる。
ついでにカメラワークまで最悪といっていいくらいの状態になる。
ここまで酷いのは 滅多にないぜ。


個人的評価 70点。 


ちなみに前半65点後半5点ね。


色んな意味で、勿体無いって思う作品。
後半のグダグダがなけりゃーなー。
でも映像と音は なかなか迫力あるんで、オレは映画館推奨だけどね。


どうでもいいコトだけど、今月末から話題作が多いね。
今年は不作だと思ってたケド、色々楽しみだわ。




コメント
この記事へのコメント
なんだかソソられる内容ですね。非現実的なとこが。
太陽の映像とか観てみたいです。

真田広之ってのがまた素敵。
見てみたくなりましたw
2007/04/30(月) 20:34:24 | URL | 美香 #-[ 編集]
>美香 サマ

後半さえ上手くまとまれば かなりイイ出来だったんですけどね。
映像は必見ですよ。

ちなみに真田広之を目的で観ると、
かなりイタイ目に遭いますw
もし観られるなら 注意してくださいw
2007/04/30(月) 22:51:00 | URL | 志乃 #72DbbRE6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。