常にハイリスク、ノーリターン。
| Login |
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


硫黄島からの手紙
2007年01月12日 (金) | 編集 |
先日、深夜に「硫黄島からの手紙」を観てきた。


去年12月っから、行こう行こうと思ってて、ずっと延び延びになってた。
理由は単純。行くのがメンドーだったから。
映画館、家からすぐ近くにあるのにね(歩いて約5分)。


で ようやく行ってきたんだが、行ったのは深夜3時頃。
客の姿は全く無し。完全に貸切状態。
これだから深夜に行くのは止められんね。



感想みたいなの。


良い映画だった。

太平洋戦争をテーマにした映画の中じゃ、かなり良い出来だと思う。
日本人だからってのもあると思うけど、色々考えさせられたね。
今の時代で、ここまで狂信的と言っていいくらいの愛国心は求められないんだろうな(モチロン、オレも含めて)とか。

ただ、荒いなって思う点も けっこうあった。
一番気になったのは、主演?の二宮和也。
正直、緊張感が全く感じられなかった。
砲撃されてんのに 余裕こいてるし、5日間飲まず食わずのワリには 全然そんなふうには見えなかったしな。
他のキャストが良かっただけに残念。

後、艦砲射撃開始から戦闘終結までの日数的な間隔がいい加減すぎる。
あれじゃー2、3日で 一方的に日本軍がやられたみたい。
実際には 約20日間も続いたんだからさ。


個人的評価 70点。


やはりこの作品を観るなら、姉妹作である「父親たちの星条旗」も観るべき。
個人的には「父親たち~」の方が好きかな。
両作とも、リンクしてほしいシーンが いくつかあったんだけどなぁ。
されてなかったのが非常に残念。




コメント
この記事へのコメント
歩いて約5分。いいですねー。・・あたしは歩いて10分ですw
しかしホント、映画観るの年に数えるほどになっちゃいました。

志乃さんレビューの恩恵に預かって
(去年から「オレサマ・・」で高得点のやつしか見てないですから)
私の数少ない映画ライフにおいては、ハズレなしです。

70点。よさげですね。
「父親たちの星条旗」も観てみたくなりました。

2007/01/13(土) 00:12:56 | URL | 美香 #-[ 編集]
>美香 サマ

ありがとうございます。
でもオレの感覚ですので、あまりアテにならないかもしれませんw
オレは年間40作くらい観に行ってますけど、今年は少なくなりそうです(観たいのが無さすぎる)。

硫黄島、映画館で観てソンは無いかと。
中村獅堂のマヌケっぷりは必見ですw
2007/01/14(日) 14:28:52 | URL | 志乃 #72DbbRE6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。